伝統的バルサミコ酢の通販店舗【Acetaia Genny−アチェタイア・ジェニー】




イタリアはモデナとレッジョ・エミリア地方で昔から作られている

伝統的バルサミコ酢」。


モデナ、レッジョ・エミリアで作られるぶどうだけを使い、添加物などは

一切使わずにじっくりを熟成させて作られる「究極のお酢」なのです。^ ^




 
伝統的バルサミコ酢に使われるぶどうの種類

伝統的バルサミコ酢作りには、赤ぶどうと白ぶどうを混ぜて使われます。

どちらもワイン用の品種で、


  赤ぶどうはランブルスコ種      白ぶどうはトレビアーノ種

を使います。




 
伝統的バルサミコ酢の作り方


作り方は、

1.ぶどうを収穫し、ジュースを絞る

2.ジュースを半分ぐらいの量になるまで煮詰める(10〜15時間)

3.真空タンクに入れてアルコール発酵させる

4.屋根裏部屋の木の樽に移し、樽を入れ替えながら時間をかけて
アルコールをお酢にしていく。




このようにして、時間をかけてゆっくりと作られていきます。


※スーパーなどで安く売られている普通の「バルサミコ酢」との違いについては、
こちらのページをご参照くださいね。^ ^


大昔からこの地方で作られていた伝統的バルサミコ酢。

薬が高かった頃は、バルサミコ酢を薬代わりに使っていたという記録もあります。

その他、媚薬や毛はえ薬などいろいろなことにも使われていたようです。^ ^


昔は、自分たちで食べる用に少しだけ作っていた家が多かったので、

赤ちゃんが生まれたなどの記念樽を作っている人も多かったようです。

今でも、子供が生まれると名前と生まれた日を書いてその子の樽として

送る風習が残っています。

(昔は嫁入り道具の一つだったようですよ♪)



 
伝統的バルサミコ酢の熟成

熟成に使われる木の樽は、楢、樫、桑、桜などを組み合わせて使います。

使う樽の種類によってバルサミコ酢の味と香りが変わってくるので、

作り手たちは皆、自分独自の組み合わせ方を持っています。

通常、いろいろな木の種類を混ぜて熟成させていくのですが、工場によっては

ひのき科の木や桜の木だけを使って熟成させているところもあります。

当店では25年前後のバルサミコ酢を販売していますが、15年前後の

バルサミコ酢も多く作られています。

(50年や100年熟成のバルサミコ酢を販売している工場もあります)



25年熟成の伝統的バルサミコ酢の使い方はこちらをご参照ください⇒







バルサミコ酢についてご質問などありましたら、お気軽にお問い合わせくださいね。

おしゃべり好きの店主が24時間以内にお返事いたします♪





※通常24時間以内にお返事をお送りしていますが、36時間経っても返信がない場合は

何らかの事情でこちらにメールが届いていない可能性があります。

お手数ですが、再度お送りくださいますようお願い申し上げます。

 

PageTop

  • 私たちがお届けします
  • 送料無料


  • カテゴリー
  • 25年熟成伝統的バルサミコ酢50ml
  • 25年熟成伝統的バルサミコ酢100ml
  • 注ぎ口キャップ
  • 伝統的バルサミコ酢って?
  • 伝統的バルサミコ酢と普通のバルサミコ酢は何が違うの?
  • バルサミコ酢とワインビネガーは何が違うの?
  • 伝統的バルサミコ酢のレシピ集〜どうやって使ったらいいの?というあなたへ〜
  • Acetaia Gennyのお値段の秘密〜どうしてこんなに安いの?本物?と心配なあなたへ〜
  • 初めてのお客様へ
  • お支払いについて
  • 特商法に関する表記
  • お問い合わせ